FC2ブログ

renkonツーリング

再出発 バイク・キャンプ・写真・酒・焚火

OLYMPUS OM-4TiとZUIKOレンズでツーリングスナップ




 フィルムが期限切れになる(汗)

 フィルムチェックをしたら、高級リバーサルフィルムの在庫が6本ありました。
これで36枚×6本ですから216枚撮影できます。確か買ったのは1年前ですので
そろそろ撮りきらないと勿体ない話になってしまいます。まあ私の撮る写真ですから
2年や3年は大丈夫だと思いますが(笑)天気にもよりますが、今度の蒜山ツーリング
はフィルム機を持参しようと思っております。

P4180005-4.jpg

 やっぱりこれですかね、OLYMPUS OM-4Tiにする予定です。(晴れたら)カメラログ
も消えてしまったんでしつこいけど(笑)1989年発売のオリンパスのフラッグシップです。
35mmフォーカルプレーンシャッター機で、世界初の全速同調フラッシュ撮影を実現、
フラッシュ使わないけど(笑)ボディ価格は当時129000円也、外装に軽量化の為
チタンを利用しています(トップカバー)電子式シャッターなので電池が無いと
シャッターは切れませんが、測光性能は抜群です。中央重点は元より、最大8点マルチスポット
測光装備何か所かの測光を記憶させて、ベスト露出を自動で算出します。シャッター
速度は1/2000秒を装備します。また、シャドーとハイライトと2種類の設定があり
白い物を撮るときはハイライト、黒っぽいのはシャドーで撮影すると白は白、黒は黒と
してちゃんと撮れます、たぶん撮れるはず(笑)この機能はデジカメも同じで
見事なソメイヨシノを撮影してもアンダーになるので、諧調をハイライトにすると
綺麗に撮れる、撮らしてくれる?のと同じですね。久しぶりにこれを使ってみようと
思います。(デジカメも持っていくけど)

 この時代にもう一台、OM-3という機械式名機がありますが・・・何度も悩み
ましたが、あまりに高価なので諦めました・・M-1があるからいいもん(笑)

 なぜこのカメラか?「小さい一眼レフ」ですから。OM-1が出た頃は高校生
当時、ニコンもキャノンもミノルタも1眼レフは大きくて立派が代名詞だったのに
天才米谷氏の設計で、ライカとほぼ同じサイズにペンタプリズムをくっつけた
超コンパクト男前に仕上がっております。

img430-4.jpg

 37年前の西穂高。山岳部時代、キスリングの中に一眼を忍ばせるのですが、重い・・嵩張る。
その中で、出たOM-1(その前にM-1)は羨望のカメラでした。
この写真はミノルタSR-Tにロッコール28㎜F3.5だったと思います。娘と同い年ぐらいの頃(笑)
OMのデザイン性は現代でも通用しております。OLYMPUSデジタル、OM-Dがヒットしております、
penもやけど(笑)この普遍性はいかにこのOMやPenのデザイン性が優れていたかを物語ります。
バクテリアから宇宙迄撮影できるOM-SYSTEM♪

 OMを語るに、OM Zuikoレンズ群無しでは語れません。本体に合わせた超小型設計
便利なズームは1本ありますが、基本は単焦点レンズ交換をして撮影します。

P4180009-4.jpg
                                                      
Zuiko AUTO-S 50㎜ F1.2 全身ガラス玉レンズ(笑)

雑草と蝶

万能オールマイティレンズ
解放ではもう絶対ピント合いません(笑)合った時は蕩けるようなボケが
楽しめます。解放では結像は甘いですが、F2.8以上にすればピシっと合います
色のりも素晴らしいOMファンなら必携の1本ですよ~

ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8 24mm F2.8

P4180011-4.jpg

 小さなレンズですがシャープ差は最高ですね。街中スナップによろしいかと、
解放からシャープで高コントラストな画像が撮影できます。多少の周辺原稿
はこのあたりからしゃあない(笑)ボケも綺麗です。

モデル4

モデル通天閣のこなつ姫

ZUIKO AUTO-W 21㎜ F3.5

P4180014-4.jpg

 周辺まで良く写ります。オールドコーティングのせいか、ハレーションは派手目
なんで、撮影する時の太陽の位置はちゃんと見た方が良いです。
裏玉に少しキズがあったので、格安でGETしたレンズです♪

img836.jpg

 震災前の気仙沼でございます、復興支援にまたツーリングに行きたいです。

 ZUIKO AUTO-S 40mm F2.0

P4190016-4.jpg


 私のお宝レンズ Zuiko 40㎜ F2.0でございます。これええです。
一番利用率が高い♪パンケーキとは言いませんが薄くて明るい、40㎜という
画角が純広角純標準という所で工夫次第でいろいろ楽しめます。このレンズ
はかなり探しました。1本だけ持って行けるとしたらこのレンズでしょうね。

田子倉

 R252六十里峠の途中にある田子倉駅、今は災害で不通なんだな、この駅も廃駅となる
そうです。寂しいな~

 さて、晴れたらですが。。来週はフィルムでしっかり撮ってこようと思います。

 今更フィルムですかぁ?との問いに、おっさんうんちくたれる気はございません(笑)

 今こそフィルムなんですよ、さて皆様もタンスの奥にあるフィルムカメラと一緒に
ツーリングに出かけませんか? 動くかどうか、確かめてからの方が賢明かと思います(笑)                                                    
  1. 2014/04/19(土) 16:01:10|
  2. フィルムカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<VTZ250 キャンプツーリング 2014年黄金週間メニュー決定 | ホーム | マジックアワーを楽しむ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/04/19(土) 19:19:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

renさん、家の在庫は既に期限切れ凹

カメラ熱もやっと完治したようで
見ても何も感じなくなりました(笑)

田子倉駅見て、近頃只見行けて無いなと!
  1. 2014/04/19(土) 22:05:39 |
  2. URL |
  3. ぜいろく #j//uF7bU
  4. [ 編集 ]

ぜいろくさんこんばんは~本日はだべりで某所の営業妨害?(笑)

デジ熱は冷めましたね、でも写真撮りたいので
フルサイズフィルム♪もうどれだけさきまでフィルム
楽しめるか。。。。と考えるとやはり手持ち機材で
遊ぶのがおもろいです、ぎょうさん残ってましたので
ハーフはちょっと次回まで待機(笑)
 
軽二輪倶楽部でまた行きましょう!3割引きしか
ないのがつらいすなぁ、そこだけ民主党支援(笑)


  1. 2014/04/19(土) 22:11:32 |
  2. URL |
  3. ren #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renkon14.blog.fc2.com/tb.php/79-160d8f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ren

Author:ren
愛車はZZR1400・VT250・ハンターカブCT110・プリウスでキャンプツーリングバイク歴は三十数年経過人生ツーリング続きます!カメラはフィルムも使います

出身:京都府 舞鶴市
在住:大阪府 高槻市
単身赴任解除より帰還

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

再スタートその訳 (2)
ZZR1400 (48)
VTZ250 (23)
ハンターカブCT110 (40)
プリウス20型 (26)
YBR125(娘用) (5)
普段着 (329)
東京普段着 (55)
東京銭湯 (12)
文房具 (7)
2020年ちょっとおでかけ (24)
2019年ちょっとお出かけ (24)
2018年ちょっとお出かけ (19)
2017年ちょっとお出かけ (14)
2016年ちょっとおでかけ (25)
2015年ちょっとおでかけ (41)
2014年ちょっとお出かけ (60)
2020年キャンプツーリング (4)
2019年キャンプツーリング (11)
2018年キャンプツーリング (16)
2017年キャンプツーリング (7)
2016年キャンプツーリング (14)
2015年キャンプツーリング (24)
2014年キャンプツーリング (31)
デジカメ懺悔日記 (8)
デジカメ (65)
フィルムカメラ (37)
私とバイク (31)
のんだくれ日記 (69)
昔の北海道ツーリング (3)
娘とタンデムツーリングの思い出 (2)
大阪RYUBE (1)
雪中キャンプの記録 (15)
renkonアルバム (23)
東京 吉原 (70)
キャンプツーリング(復刻版) (8)
ツーリングレポ(復刻版) (3)
昔の写真 (20)
renkon本棚 (2)
バセドウ病闘病記 第二段 (7)
水商男道 (0)
TC-1 (9)
お道具箱 (76)
未分類 (43)
単身赴任親父の自炊 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

解析ツール

アクセスカウンター